低温乾燥に対応したガラス基材用インキとして応用可能なハードコート用スクリーンインキMRX−HFインキシリーズをご紹介致します。

 

1.優れた機能性を持つMRX-HFインキシリーズ

1.難接着素材への接着性と優れた後加工性の両立

MRX−HFインキシリーズは、ハードコート処理されたプラスチック板に対して、優れた接着性を示します。また、切削加工の容易さなど、優れた後加工性も保有します。

そのため、スマートフォンから大画面ディスプレイまで、ハードコート処理された基材を利用する様々な機器の加飾に適しています。

 

2.低温乾燥に対応した作業性に優れたガラス基材用インキ

MRX−HFインキシリーズはガラス基材の加飾にも応用可能です。

なお、MRX−HFの乾燥温度は、通常のガラス基材用インキよりも低いため、作業性に優れたガラス基材用インキとしてご利用頂けます。

 

ガラス基材でご利用の場合は三液でのご使用となります。乾燥温度は100度から120度。乾燥時間は30分以上を推奨しています。

 

3.環境負荷物質を含まず環境に優しいスクリーンインキ

MRX-HFインキシリーズは、原材料にハロゲン(塩素Cl、臭素Br)化合物を意図的に使用せず、ベンゼン・トルエン・キシレン・イソホロン等の環境負荷物質を含まない、環境に優しいインキです。

 

 

2.MRX−HFインキシリーズの事例紹介

1.優れたカラーバリエーション

MRX−HFインキシリーズは、様々なカラーバリエーションをご提供しています。
(写真はハードコート基材への印刷の事例です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帝国インキ製造株式会社 お問い合わせ:帝国インキ製造株式会社/研究所
TEL:03-3800-6760 FAX:03-3800-6603
E-mail:sale@teikokuink.com
HomePage:http://www.teikokuink.com/
Copyright (c) 2014 Teikoku Printing Inks Mfg.Co.,Ltd.