柔軟性と硬度を最適にバランスすることで、成形性と高い傷耐性を実現したFLG-HF G05 マットクリアーをご紹介致します。

1.柔軟性と硬度の最適なバランスを実現したFLG-HF G05 マットクリアー

1. 成形と美しいマット仕上がりの両立

一般的にマットクリアーを成形すると、塗膜の伸びによりマット仕上がりの維持が難しくなります。具体的には、塗膜の伸びによる光沢(てかりやぎらつき)や逆に塗膜が伸びずに白濁などが発生することがあります。

しかし、このFLG-HF G05 マットクリアーは、優れた柔軟性のバランスにより、成形後も光沢や白濁を発生させず、ノングレアの美しいマット仕上がりを維持します。

 

2. マット仕上がりと傷耐性を両立し、製造工程の簡素化に貢献

また、マットクリアーはその性質上傷耐性が弱く、製造工程において傷防止のために保護ラミネートの付与などの保護工程が必要となっていました。

しかし、FLG-HF G05 マットクリアーの塗膜は、柔軟性と硬度の最適なバランスにより、既に優れた傷耐性が付与されています。(引っ掻き硬度は、4H。)

そのため、保護工程の簡素化が可能となり、コスト削減も期待できます。

この優れた傷耐性と上記の成形性は、自動車メーターなどの視認性が重要な製品において力を発揮致します。

 

2.FLG-HF G05 マットクリアーの事例紹介

1. スモーク(赤マスク黒)の自動車メーター

スモーク(赤マスク黒)仕上げの自動車メーターの事例です。スモーク仕上げと傷耐性が両立されています。

 

 


 

2. 成形後の自動車メーター

マットクリアーを印刷した自動車メーターを成形した事例です。成形後もきれいなマットを維持されていることがご確認いただけます。

 

 

3. 製品情報

製品情報は、こちらから参照可能です。


製品カタログ(FLG-HF G05 マットクリアー)

 

 

帝国インキ製造株式会社 お問い合わせ:帝国インキ製造株式会社/研究所
TEL:03-3800-6760 FAX:03-3800-6603
E-mail:sale@teikokuink.com
HomePage:http://www.teikokuink.com/
Copyright (c) 2015 Teikoku Printing Inks Mfg.Co.,Ltd.