製品概要

UV DVCインキは、CD-R等の光メディアや、ポリカーボネート基材に広く対応した、UV硬化型のスクリーンインキです。

用途

  • 光ディスク全般のレーベル面印刷
  • 自動車・バイク

  • 家電(IoT)

  • スマホ・タブレット・スマートウォッチ

  • センサー

  • ゲーム

  • その他

特長・機能

  • インキによるブロックエラーが発生しません。
  • アミンフリーの設計となっています。
  • 低臭で低皮膚刺激性の安全で取り扱いやすいインキです。

基材

  • 各種CD/DVD、ポリカーボネート基材

希釈

  • 希釈なし (希釈が必要な場合:RE-806レジューサー 5%以内)

硬化剤・補強剤混合

  • SM-510 添加剤 0~3% (インキの硬化性が遅い場合)

補助剤

  • SM-269 消泡剤 0~1% (発泡やハジキが生じる場合)
  • UV 腰切剤 0~2% (粘度を上げたい場合、腰を切りたい場合)

推奨洗浄剤

  • スクリーン洗剤 L2
  • 危険性の低いグリコールエーテル系による機械洗浄にも対応可能 (グリコールエーテル系による洗浄は、版の乳剤の種類により不適応の場合があります。必ず事前にご試験下さい。)

メッシュ

  • T-300~420メッシュ (印刷面積は50~60m2/kg)

乾燥/硬化

  • 積算光量約380mJ/cm2、ピーク強度400mW/cm2 (アイグラフィックス社製積算光量計)
  • 目安:80W/cm メタルハライドランプ2灯、ランプ高さ15cm、ベルトスピード10m/分

設定色

  • 000メジウム

  • 011マットベース

  • 121紅

  • 160紅

  • 177赤

  • 221黄

  • 240青黄

  • 277赤黄

  • 525朱

  • 581牡丹

  • 617白

  • 659白

  • 795草

  • 821紫

  • 911墨

カラーガイドのご紹介

注意

  • 製品化前の接着性確認:原反、工程、印刷によって接着性が変化することがありますので、量産印刷前には、必ず接着性を確認して下さい。
  • インキの品質安全期間 :出荷日より12か月は安定です。

消防法

  • 非危険物

安全な取り扱い

  • 皮膚や目を保護するために、安全手袋や保護眼鏡をご使用下さい。もし、インキが皮膚に付着した場合は、石鹸などで十分に洗い流して下さい。また、目に入った場合は水(または微温水)で十分に洗眼した後、医師の診断を受けて下さい。
  • 使用後は、容器を完全に密閉し冷暗所に保管して下さい。
  • SDSを用意しております。本製品を取り扱う前にSDSをご請求頂き、ご理解の上使用者の責任において取り扱い下さい。

耐性

試験項目 試験条件 試験結果
接着性 JIS K 5600-5-6(クロスカット法) 1mm幅で 6×6、 セロハンテープ剥離 0(剥離無し)
引っ搔き硬度 JIS K 5600-5-4(鉛筆法)、荷重 750gで塗膜が傷の付かない程度 2B
耐熱性 80℃ 500 時間 塗膜の外観変化と剥離の有無 異常無し
耐冷熱サイクル性 JIS K 5600-7-4 5 サイクル、80℃(4h)~25℃(1h)~-40℃(4h) 塗膜の外観変化と剥離の有無 異常無し
耐湿性(1) JIS K 5600-7-2(連続結露法) 60℃ 85%RH 500 時間、 塗膜の外観変化と剥離の有無 異常無し
耐湿性(2) JIS K 5600-7-2(連続結露法) 55℃ 98%RH 500 時間、 塗膜の外観変化と剥離の有無 異常無し
耐寒性 -40℃ 500 時間、塗膜の外観変化と剥離の有無 異常無し
耐アルコール性 学振型摩擦試験機、カナキン 3号綿布 エチルアルコール含浸、 荷重 500g 3回での剥離の有無 ほとんど白化なし
重ね印刷性 6~7色の重ね印刷における塗膜外観変化と剥離の有無 異常無し
反り試験 80℃ 90%RH 150 時間後の CD 印刷物の反りの変化 チルト角0.2°以内
PC(原反)のくもり 60℃にて未硬化の印刷物の PC 原反に対する影響 影響なし
PS(ケース)のくもり 60℃にて未硬化の印刷物の PS 原反に対する影響 影響なし
OPPフィルムの張り付き 不織布に封入後 40℃ 90%RH 24 時間後の塗膜外観 異常無し
高速印刷適性 ディスク 印刷機 印刷スピード タクト 0.6s~2.0sに対応 対応可能

試験条件

  • 試験条件 【120W/cm メタルハライドランプ1灯 タクト2.0秒(30枚/分)】【T-380】 【原反:ダミーCD、CD-R、DVD】
  • 上記耐性試験結果は、弊社における測定結果であり、保証値ではありません。
  • 本カタログに記載されている情報は、予告なく変更する場合が有ります。

よくある質問

FAQ

スクリーン印刷とは何ですか?

スクリーン印刷とは、孔版印刷の一種で、「パターン支持材として紗を用い、その上に作られた版画像を通してスクリーン印刷インキを被印刷体に転移させ画像複製を行う技術の総称」とされています。

被写体については、空気と水以外の物すべてに印刷が可能であるとされています。もちろん、平面だけでなく、曲面、特殊形状、成形品にも印刷が可能です。

FAQ一覧

関連するインキ