製品概要

GLS-HFインキシリーズは、ガラス印刷に欠かせない印刷安定性、接着性、耐性がとても優れています。豊富なカラーバリエーションを揃えており、メタリックやパール、その他機能性インキへの展開も可能です。

用途

  • スマートフォン、タブレット等のガラス素材への加飾
  • 自動車・バイク

  • 家電(IoT)

  • スマホ・タブレット・スマートウォッチ

  • センサー

  • ゲーム

  • その他

特長・機能

  • ハロゲン(塩素Cl、臭素Br)化合物フリーです。
  • 豊富なカラーバリエーションで、カラフルな印刷物が作成可能です。
  • ガラスへの優れた接着性と各種耐性を持ち、幅広い応用が可能です。

基材

  • ガラス板

希釈

  • Z-705溶剤(遅口)
  • 希釈3~10%
  • ※ハロゲンの混入、硬化性、接着性、版上安定性、その他悪影響を及ぼす可能性があるので他の溶剤は使用しないで下さい。

硬化剤・補強剤混合

  • GLSガラス用補強剤 0.5% ※必ず添加して下さい。
  • ポットライフ6時間
  • ポットライフ6時間経過後もインキのゲル化は起こりませんが、接着性や耐性が劣ります。使用する分だけ、調合するようにして下さい。

補助剤

  • SM-40消泡剤 2%以内 (消泡、レベリングの向上用)

推奨洗浄剤

  • スクリーン洗剤L2

メッシュ

  • T-200~300メッシュ (T-250のとき、印刷面積は墨:35-40m2/kg、白:30-35m2/kg)

乾燥

  • 160℃ 30分
  • 重ね印刷 各層 160℃ 10分 (タックフリー) 最終層 160℃ 30分
  • ※十分な乾燥を行って下さい。

設定色

  • 000メジウム

  • 001ビクトリア

  • 169紅

  • 189赤

  • 239青黄

  • 249青黄

  • 399藍

  • 529朱

  • 589牡丹

  • 619白

  • 679白

  • 829紫

  • 919墨

  • 939NC墨

  • 979墨

  • 989ピアノブラック

カラーガイドのご紹介

注意

  • ハロゲン化合物が混入する可能性がある為、指定溶剤、指定補強剤以外は使用できません。
  • スキージゴム、乳剤、資機材、被印刷体などにハロゲン化合物が含まれる可能性があるので、確認の上ご使用下さい。
  • 製品化前の確認:原反・工程・印刷・乾燥条件の違いにより接着性、耐性が変化する事があります。量産印刷前には必ず接着性や耐性を確認して下さい。
  • インキの品質安全期間:未開封で製造日より12か月

消防法

  • 危険物第四類第三石油類、危険等級Ⅲ級

安全な取り扱い

  • 皮膚や目を保護するために、安全手袋や保護眼鏡をご使用下さい。インキが皮膚に付着した場合は、石鹸などで十分に洗い流して下さい。また、目に入った場合は水(または微温水)で十分に洗眼した後、医師の診断を受けて下さい。
  • 使用後は、容器を完全に密閉し冷暗所に保管して下さい。
  • SDSを用意しております。本製品を取り扱う前にSDSをご請求頂き、ご理解の上使用者の責任においてお取り扱い下さい。

耐性

試験項目 試験条件 試験結果
接着性 JIS K 5600-5-6:ISO2409(クロスカット法 、 1mm幅で 6×6、 セロハンテープ剥離 、剥離の無い事 0(剥離無し)
鉛筆硬度 JIS K 5600-5-4:ISO 15184(鉛筆法)、荷重 750gで塗膜が傷の付かない硬度 2H
耐熱性 80℃、168H、塗膜の外観変化、原反からの剥がれの有無 異常無し
耐温水性 60℃温水、72 時間浸漬、塗膜の外観変化、原反からの剥がれの有無 異常無し
耐湿性 60℃、95%RH 1000時間、塗膜の外観変化と剥離の有無 異常無し
耐沸騰水性 沸騰水 24時間、塗膜の外観変化と剥離の有無 異常無し
耐摩擦性 学振型摩擦試験機、カナキン 3号綿布、荷重 500g 1000回での色落ちの有無 異常無し
促進対候性 (キセノンランプ)ウエザオメータ 1000 時間 BP 温度 63+/-3℃ 降雨 18 分/120 分 変褪色、剥離の有無 異常無し
促進耐光性 (カーボンアーク)フェードメータ 6000 時間 BP 温度 63+/-3℃ 変褪色、剥離の有無 異常無し

試験条件

  • 試験条件【GLS-HF919 墨】 【GLS ガラス用補強剤 0.5%】 【Z-705 溶剤 10%】 【160℃ 30 分】 【T-250】 【原反:ガラス板】
  • 上記耐性試験結果は、弊社における測定結果であり保証値ではありません。
  • 本カタログに記載されている情報は、予告なく変更する場合が有ります。

よくある質問

FAQ

ガラス基材印刷用のスクリーンインキは何ですか? また、その特徴は何ですか?

ガラス基材への印刷には、ガラス基材印刷用二液型ハロゲンフリーインキGLS-HFインキシリーズをお勧め致します。

GLS-HFインキシリーズの特徴は、 従来ガラス基板印刷に使用されていた無機系インキと違い有機系インキであることです。

そのため、GLS-HFは無機系インキ(焼成型インキ)が抱える「カラーバリエーションの不足」「環境負荷物質問題」等の課題を解決する優れた機能を持っています。

フラットパネル、タッチパネルの製造コストの削減に関係する情報はありませんか?

フラットパネルディスプレイの製造工程において、機能性フィルムやパネルの汚れや傷を防ぐ保護フィルムなどの接着に両面テープが使用されています。この両面テープを当社がご提供するUV粘着剤に代替することで、製造コストの削減につながる可能性があります。

なぜなら、この両面テープによる接着は、「接着面に合わせた両面テープのカット」と「両面テープの接着」「剥離紙の除去」など多くの工程が必要になります。また、剥離紙や接着面に合わせる際の余剰部分などの廃棄物の問題も発生します。

しかし、UV粘着剤を利用することで、工程数の問題と廃棄物の問題を同時に解決することが可能となるからです。

IPX-HF、INQ-HF、FMXなど、XやQ、-HFがつくインキとは何ですか?

X、Qが末尾に付くインキシリーズは、 イソホロンフリーのインキシリーズです。また、-HFはハロゲンフリーのインキとなります。

非導電墨インキとは何ですか?

非導電(Non-Conductive)墨インキとは、塗膜の電気抵抗値が高く、電気を通しにくい機能と高隠蔽な黒色を両立するインキです。

電気抵抗が高い(電気を通しにくい)ことで、塗膜に電流が流れることで発生する電子部品等の誤動作や故障をふせぎます。

さらに、高い隠蔽性により遮光性を要求するフラットパネルやスマートフォンのディスプレイの印刷に適しています。

高隠蔽な黒・白とは何ですか?

フラットパネルやタッチパネルの外枠などバックライトが使用される環境においても、 高い隠蔽性によりきれいな黒色や白色を発揮する機能です。

FAQ一覧